忍者ブログ
 このブログはAmebaブログに移転しました。ブックマークの変更をお願いいたします。  なおしばらくは待機状態としますが、場合によっては別のコンテンツとして再利用するかもしれません。  移転先URL: http://ameblo.jp/echigawakarasu
[260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さくら「本編でこれだけ説明したんだから、こっちの解説は要らないよね♪」
百花「いえ、別の解説をやりますよ?」
さくら「えー?」
えちから「ネタはたくさんありますから~♪」
百花「というより解説をやらなかったら何をやるんですか?」
さくら「……イ、インタビュー?」
えちから「香良洲さんと発想が同じだ~♪」
百花「とにかく、始めますよ?」
~OP音楽とともにさくら「さくらの♪世界リポート、ねくすとっ! いざ参ります♪」~
さくら「皆さんコムチャッチャ! 徳重さくらです♪」
百花「完全アウトです。──あ、荒畑百花です」
さくら「もう十二月だね、師走だね♪」
百花「前回お知らせするのを忘れてしまいましたが、今月の『増刊号』は明日お送りする予定です」
さくら「そんな事務的なことはともかくさ、始めようよ♪」
百花「まあ、確かにそうですね」
さくら「では、『Line戦線異状なし』! 今回の解説対象は?」
百花「『中川運河』です」
さくら「えっと資料資料。──中川運河は大正末期に着工され、昭和初期に開削が完了した運河。元々は『中川』という天然の河川だったけど、名古屋港開発のため拡幅されたんだよ♪」
百花「中川区から始まるから『中川運河』じゃないんですね」
さくら「最初の計画ではもっと奥まで作る予定だったらしいけど、結局は今の形に。今回の『Line』の舞台、笹島の南から始まります」
百花「それで、どのような特徴が?」
さくら「まずは水門を使って船を出入りさせる、閘門式運河だということ。因みに中川運河は名古屋港の港湾区域だよ♪」
百花「えっと確か、松重閘門とかありましたね」
さくら「それは堀川と繋ぐ所『だった』んだけど、今は埋め立てられ施設のみが残ってるぜ?」
百花「名古屋港には他に運河はありますか?」
さくら「荒子川が拡幅されて荒子川運河として運用されたはずだし、住友運河があるはずだよ。まあ今となっては昔ほど使われないかな、自動車の普及が進んだし」
百花「なるほど」
さくら「終わり!」
百花「……まだ時間が余ってますが」
さくら「大丈夫、香良洲さんには時間がないから♪」
百花「決して大丈夫ではないです」
さくら「あ、だいじょーぶい♪」
百花「言い直さなくていいです」
さくら「ではエンディング。えー、ツイッターとか色々やってます。要チェックだよ♪」
百花「まあ、どうでもいいことばかりですがね。mixiボイスと連携させてるので、香良洲さん本人のはそちらでも」
さくら「まいどおなじみ、『えちからさん』も活躍中だよね♪」
百花「活躍してるかは微妙ですが」
さくら「そして明日は増刊号、製作のリアルタイム的には今週の『Line』掲載日だったり♪」
百花「まあ、何とかなりますって」
さくら「では製作を妨害するのも何なのでこの辺りで。徳重さくらと♪」
百花「荒畑百花がお送りしました」
~ED音楽~

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
愛知川香良洲
HP:
性別:
非公開
職業:
今年も、予備校生……
趣味:
小説を読む、書く。
自己紹介:
 小説を書くのと勉強に忙しい予備校生。アニメやライトノベルが大好き。「今年は受かってるかなぁ? あれ、番号、ない……」と言う訳で2011年も予備校生のまま。ケータイを無くしたので更新も停止中。
最新コメント
[11/18 通りすがり]
バーコード
twitter
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ポイント広告
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © えちからちゃんねる。忍者ブログ版 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]