忍者ブログ
 このブログはAmebaブログに移転しました。ブックマークの変更をお願いいたします。  なおしばらくは待機状態としますが、場合によっては別のコンテンツとして再利用するかもしれません。  移転先URL: http://ameblo.jp/echigawakarasu
[197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [189] [188] [187] [186]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さくら「それでは、いつも通り『パロって、どーだ!』から♪」
百花「はい、さくら先輩が何かをパロディーにした台詞を言って、その元ネタを私が当てるコーナーです」
さくら「では参ります。──『クロスフィア』!」
百花「えっと、何ですかそれ。さすがに解らないんですが」
さくら「じゃあヒントね。『そふてにっ』」
百花「……ああ、『黒玉中テニス部』の二人がスフィアで、スフィアには『球体』の意味もあるからですね?」
さくら「正解♪」
~OP音楽とともにさくら「さくらの♪世界リポート、コネクト!」~
さくら「毎度お騒がせしております、徳重さくらです♪」
百花「荒畑百花です。全く、聴いたときは『クロス・フィア』だと思いましたよ?」
さくら「ふふーん♪」
百花「何ですか、『えちからさん』の真似して」
さくら「ではでは、今回はゲスト回です♪」
百花「えっと、『海部セーラ(かいべせーら)』さんだそうですが……。誰です?」
さくら「いいからいいから。──じゃあ入って来て」
セーラ「公に出るのは初めてだが、よろしくお願いする」
さくら「あ、髪は肩のラインぐらいまで伸ばしている、凛々しい美少女ですよ、セーラさんは。例えるなら森岡先輩かな?」
百花「ほとんど解らないですよ、それ。せめて『涼宮ハルヒシリーズの佐々木』とか」
さくら「そっか♪」
百花「ところで、何故セーラさんがゲストに? 出てくる小説ありましたっけ?」
さくら「今のところないよ? 新しく書けば出るかもしれないけど」
百花「あ、『Line』の新キャラだったり?」
さくら「ノンノン。──さてセーラさん、何か話したいことある?」
百花「それはパーソナリティーである私達が考えておくべきじゃ……」
セーラ「うん、そうだな、『世界』について話がしたい」
さくら「はい、『世界リポート』って名乗っているんだからじっくり話しましょう♪」
百花「自由ですね」
セーラ「まず君は、この世に『並行世界』があると思うかい?」
さくら「んー、あったら面白い、かな♪」
セーラ「百花さんは?」
百花「それは『この宇宙の外にあるとされる宇宙』も含みますか?」
セーラ「どちらとも言えるね。その『宇宙外宇宙』なら信じるのかい?」
百花「それなら、あってもおかしくないと思います」
セーラ「なるほど。ところでここに『On the desk』という冊子がある。その冊子に収録された『カエルコトノデキナイモノ。』は並行世界の存在を前提に書かれたものだ」
さくら「確かに♪」
百花「香良洲さんの宣伝? ──あ、『On the desk』は『E★エブリスタ』で読めますので。登録は必要ですが」
セーラ「補足をありがとう。まあ、それは今は関係ない。私が言いたいのは、並行世界はそのうち、別の並行世界とぶつかったりしないかということだ」
さくら「なるほど」
百花「『涼宮ハルヒの驚愕』の影響を受けてません?」
セーラ「そして並行世界が三・五次元世界で構成されていなければならない理由はない」
百花「ん?」
セーラ「ああ、すまない。〇次元を点、一次元を線、二次元を平面、三次元を立体と考えていけば、四次元目『時空』という概念を不完全に含むのがこの世界だと『私は』考えるんだ」
さくら「ふむふむ」
セーラ「世界がぶつかった時、それらは統合されると考えた方が筋が通る。どちらかがベースになるとはいえ、別世界の影響も少しは残るだろう」
さくら「あ、マヤ文明で予告されているとされる『世界終焉の日』の、セーラさん的解釈ですね?」
セーラ「さすが、鋭いな。その通り、『統合世界の再構築』に当たる訳だ」
百花「……何でそんな話を?」
さくら「もちろん、色々裏があってだよ?」
百花「ウラ……?」
セーラ「さて、そろそろおいとましようか」
さくら「ありがとうございました。──さあ、エンディング。今回は『今は明らかにできない企画』を中心にしてお送りしましたよ?」
百花「まさか、最初から?」
さくら「ノーコメント♪」
百花「伏線に使われるんですね、今回」
さくら「その通り。後から読み返して、ああそうだったのかと言ってもらえる構成を目指しました。さて、今回も『世界リポート』は徳重さくらと♪」
百花「荒畑百花がお送りしました」
~ED音楽~

※今回の内容は動き始めたばかりの企画について取り扱っているため、詳しい内容のお問い合わせはお答えできません。また提示した『世界終焉の日』解釈については今回の企画のため構成したものであり、あくまでも一説ということで。なお補完計画からの繰り返しになりますが、現在「On the desk」冊子版の再配布は行っておりません。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
愛知川香良洲
HP:
性別:
非公開
職業:
今年も、予備校生……
趣味:
小説を読む、書く。
自己紹介:
 小説を書くのと勉強に忙しい予備校生。アニメやライトノベルが大好き。「今年は受かってるかなぁ? あれ、番号、ない……」と言う訳で2011年も予備校生のまま。ケータイを無くしたので更新も停止中。
最新コメント
[11/18 通りすがり]
バーコード
twitter
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ポイント広告
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © えちからちゃんねる。忍者ブログ版 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]