忍者ブログ
 このブログはAmebaブログに移転しました。ブックマークの変更をお願いいたします。  なおしばらくは待機状態としますが、場合によっては別のコンテンツとして再利用するかもしれません。  移転先URL: http://ameblo.jp/echigawakarasu
[227] [226] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今回はツイッター診断の結果より、「CD」「与える」「独善的」「校舎」を利用してSSを書いてみたいと思います。

‐‐‐‐‐
 私がそのCDを拾ったのは、偶然だった。教師でさえあまり入らない旧校舎の、化学実験室という札が掲げられた教室。たった一枚、机に置かれていた。
 そのCDにはとある音声が録音されていた。CDだから当然だって? いや、そこに入ってるのは音楽ではなく。
「……世界の真実を知りたいかい?」
 そういう声が、冒頭のトラックに入っていた。それは少年の声。カッコいいというよりは可愛い部類の声。私はそのまま聴く。彼はこの世界、いやこの宇宙の成り立つ仕組みを永遠と語り続けた。そして途中途中で、こう勧誘してくる。
「キミもこの宇宙の維持に力を貸してくれないかな」
 それはまるで、自分に訊いているかのようだった。でもある意味独善的で、恐い。そのまま私はCDを聴き続けた。
 そして最後のトラック。
「最後まで聞いてくれるなんて珍しいね。そんなキミの許に、ボクは行く。キミには選択する自由があるよ、契約するかしないかの。でも折角だから契約してほしいな」
 そしてふと顔を上げると、何かがそこにいた。
「気付いたかい?」
「……あなたは?」
「みんなからは『キュゥべぇ』と呼ばれてるよ」
 その白い、ネコみたいな生き物は、まるでツインテールのようなものを耳から垂らしたそれは、話しかけてきた。
「ボクはキミの願いを一つだけ叶えて、魔法少女にすることが出来んだ」
「それが宇宙を維持するための?」
 その『キュゥべぇ』とやらは質問に答えず、
「だからボクと契約して、魔法少女になってほしいんだ」
ただそれだけを言ってきた。嘘は言われてない、けど真実も判らない。そう感じた。まさに独善的だ。
「悪いけど、興味はないかな」
「そうかい? ならここでさよならだ」
 彼は、去っていった。

‐‐‐‐‐

と言うことで何故か「魔法少女まどか☆マギカ」の二次創作になりました。二次創作モノを出すのは意外にも初めてですね。かなり無理矢理絡めましたが。ツイッター診断でキュゥべぇものを作ってるからかもな……。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
愛知川香良洲
HP:
性別:
非公開
職業:
今年も、予備校生……
趣味:
小説を読む、書く。
自己紹介:
 小説を書くのと勉強に忙しい予備校生。アニメやライトノベルが大好き。「今年は受かってるかなぁ? あれ、番号、ない……」と言う訳で2011年も予備校生のまま。ケータイを無くしたので更新も停止中。
最新コメント
[11/18 通りすがり]
バーコード
twitter
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ポイント広告
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © えちからちゃんねる。忍者ブログ版 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]